FC2ブログ

記事一覧

米中戦争の前哨戦であり角福戦争の代理政争でもあったあのNGT48暴行事件





あの悪名高いNGTが一年九か月振りに新曲を出す。事件後は運営と暴行犯との茶番裁判を経て世界初のヒールアイドルグループという地位を確立してごくわずかなオタクを相手に商売をしてきた。結局彼らはお金を持っておらず、これまで通りジョー会やホリプロの資金力に頼ることになりそうだ。しかし彼らもマスク転売に失敗で借金を抱え(仲間内らしいが)苦境のようだ。最近は元研究生も彼らと共にマスク転売でNGTは話題となった。タイミング的にそれらもまるでステマだったのかと思うほど、ドンピシャでこのニュースだ。韓国のlineと提携したのでこれまでのロシア中国資本に韓国が加わったようだ。新潟県も市も税金を裏で流しているかは不明だが、以前ほど多くを期待できない。ジョー会やホリプロ、人望民もダメとなれば、そのほかの厄介グループと上記の外資でやっていくしかないだろう。加藤父やNSGも結構イベント系で赤字だそうだ(まあ仮に破産しても新潟県や主に中国などの外資が助けてくれるだろうが)。新潟はこれらを見ても分かるように社会主義国からの資金に依存している。ある意味田中王国であり、中国との関係は深いため当然と言えば当然である。赤旗に社長が登場したホリプロも不良債権である荻野由佳を契約解除せず、給与を毎月支払っているのでまさに究極の社会主義国家をそのまま当てはめている。ある意味ホワイト企業なのだろう。板野友美を見ていても荻野は芸能界を自ら引退しない限り解雇されることはなさそうだ。西尾社長の権力は堀会長をも凌駕し、事実上のホリプロトップとも噂されている。ただの役員の一人というが、荻野を解雇できないというのはやはり謎である。西尾以外の役員全て荻野を推しているのかもしれないが、普通あり得るだろうか?荻野に給与を払い続けるために中国のカネに依存しているのかもしれない。






そのホリプロが事実上運営するNGT最大の黒歴史となったNGT事件は米中戦争の前哨戦であり、新潟舞台の角福戦争でもある。NGT側はホリプロ=赤旗=中国=木曜クラブ=田中角栄派閥(真紀子の会社が出資)、一方山口派は研音=日本財団=米国=金融ユダヤ=清和会=福田赳夫派であるということだ。つまり自民党内の権力闘争がここにも表れているのだ。現在田中真紀子氏はこの事件についてはノーコメントを貫いている。決して同じ女性の山口真帆さんを叩いてはいないようだ。今現在新潟のスポンサーはいない(加藤美南の父親が社長をしていた新宣やNSGグループその他一部の秋元今村lineから続く電通繋がりは裏スポンサー)ということなので、今は新潟交通はスポンサーではないようだ。事件を機に社長の真紀子が下りろと言ったのかは不明である。現在の安倍首相は福田派の清話会出身であるが、最近は中国に歩み寄っている。二階幹事長の影響もあるだろう。ただ彼の祖父は岸信介で福田派の師匠でもあるが、同時に岸の弟の佐藤栄作は田中派の木曜クラブの師匠になる。因みにその上は吉田茂で麻生太郎元総理の祖父である。つまり田中派も元を辿れば親米。安倍首相の祖父と兄弟はそれぞれ角福の先祖でもあり、米中のどちらもいいとこどりができるのが安倍氏の本来の武器である。米中間を取り持って利益を得ている外交ができているのかどうかは正直よく分からないが。安倍首相としては岸信介の方が近く、更に岸と親交があった右翼団体の笹川良一は日本財団を設立した。現在日本財団のトップである三男の笹川会長は福田康夫内閣の国務大臣で政界を退いてから安倍官邸を支え続けている。その日本財団に連なるのが山口の所属する研音である。因みに研音の以前の社長の野崎氏とNGT暴行事件発生時で真っ先にスポンサーを降りた一生蒲鉾株式会社の社長の名前も野崎である。一生蒲鉾NGTのスポンサーを降りた際、山口さんが迷惑をかけたと会社まで謝罪に出向いた(家族の説得で断念したとか)とも言われる。もし研音の創業者一族と一生蒲鉾の創業者一族が親戚関係であればスポンサーを降りた一月ごろにはすでに山口さんは水面下で研音との話し合いを進めていたのだろうか。山口さんは青森出身とされているが、実は新潟生まれで三歳で八戸に移住しているようだ。両親のどちらかの祖父母は現在も新潟に住んでいるという。さてここからが山口さんと日本財団を繋ぐルーツであるが、確かなソースは見つからなかった。しかしとあるネット掲示板にて山口一族は新潟と八戸を繋ぐ日曹関連会社と関わりがあり、40年程前にあの金融ユダヤを代表する世界一の石油王ロックフェラーと共に新潟沖の油田開発を行っていたという。ここでまさに日本財団と繋がりがあり、米国依存から中国へ石油を方針転換した田中角栄家とは因縁があるのだ。つまり山口一族がこの事件で田中派と対立する福田派清和会→日本財団→研音というのは必然だったともいえる。裏に米国など金融ユダヤがいたのは間違いない。だからこそ事件で被害者に劇場謝罪をした際、世界の大手メディアがこぞって非難したのはこういった流れがある。つまり山口真帆が被害者でなければ世界まで事件を報じることはまずありえなかった。暴行犯や文春、運営、そして黒メンバーはこの昭和の角福戦争から続く因縁の歴史の背景を調べていれば山口さんを襲撃する計画は白紙撤回されていたことだろう。もし知った上で計画を実行したとすれば失敗して発覚してもホリプロとNGTの背後にいる中国と田中家が因縁の米国や日本財団を相手に勝てるという自信があり、それらを後ろ盾に事件を隠蔽できると思ったのかもしれない。安倍政権もトランプ大統領と反中という共通認識から良好な関係を築いていたのに親中に傾いているのもNGTやホリプロが事件を隠蔽できるという自信を深め、荻野を中心に強気の被害者煽りを繰り返した要因かもしれないと思われる。新潟は中国より前にロシアとのかかわり深いため、中露に加えて最近朝鮮(これは当時の運営社長吉成の母国である)マネ―で日本財団やロックフェラーロスチャイルドに対抗できると踏んでいたのだろう。さらに新型コロナの流出計画もホリプロや運営だけでなく新潟も聞いていたかもしれない。日本財団は親中に傾く安倍首相をどう見ていたのか気になるが、それらの動きが日本財団なんてちょろいと荻野や西尾などホリプロや吉成が調子に乗るきっかけだったとも言えるだろう。ただAKSとホリプロでは研音にかなわなかったのか研音が独自に裁判に参加すると表明すると慌てて暴行犯と和解して撤退してしまった。ある意味日本財団はいまだに中国に切り崩されるほどではないようだ。

FC2ライブ




NGT事件はこれらを見ても分かる通り、角福戦争→米中戦争→第三次世界大戦に繋がる可能性を秘めている。これは日本の存亡がかかる重大な事件なのだ。ただの日本の一つの地方で起こった小さな出来事ではないのだ。日本の中国化が進む中NGTも着々と新潟の中国化が進み、ロシアや北朝鮮もその以前からいまだに関わっているのだ。NGTはそれらを盾にNGT事件の隠ぺいを図るとともに山口さん及びロックフェラー財団、日本財団、米国、金融ユダヤに勝とうとしたのだ。今後安倍官邸は米中それぞれのいいとこどりをするため、この事件に直接言及することはないだろう。コロナで中国が優位になれば、安倍官邸はNGT擁護に動き、山口さん潰しを許可するだろう。その際日本財団にばれないようにうまく行うだろうが。21世紀は中国が世界を統一するとも言われ、コロナでさらに現実味を帯びるだけにそうなれば山口さんは研音ごと潰されるか研音に火の粉が及ばぬよう解雇される可能性もある。それを知っていて荻野らは強気なのだろう。NGTとしては日本が中国に占領され、米国が経済大国世界一の座から転落してほしいと願っているだろう。現実中国だけでは厳しいらしいが、ロシアと統一朝鮮が加われば経済でも第三次世界大戦でも勝利できると思っていることだろう(ただ戦争になれば日本は中露北の核で滅びる可能性が高いため、NGTどころか国が亡びるだろうが)。最後に改めてなぜこの事件が風化しないのか考えてみるとやはりこれは米中戦争からの第三次世界大戦に繋がる可能性が高い代理戦争の一面を孕んでいるからだと言える。21世紀と今後の日本がこの事件をうやむやにすることで志那朝鮮の植民地となるのか否かが見えてくると断言できる。被害者が山口さん以外のメンバーが米国金融ユダヤなどと関わりがなければ世界でも報道されず、皆運営のネガキャンに騙されてなあなあで終息し、昨年のうちにCDを発売し、芸能界を引退もしくは弱小事務所所属の被害者を提訴するという事態に発展していたことだろう。
更に録音データ自体が存在していなかった可能性すらある。エレベーターの男性という幸運もあった。他のメンバーも同じような目に遇い、山口さんのように目撃者が現れず強姦され、黒メンバーに堕ちたものも何名かいたであろう。芸能界で活躍するのは運が大事とも言われるが、山口さんはそれを持っていると言える。無関係だったり上記のような不運な黒メンバーは大変気の毒ではあるが、芸能界で活躍するための運がなかったということだろう。いずれにせよこの事件は昭和の角福戦争どころか人類の歴史である米中対立を継承しており、日本の芸能史だけでなく、今後の人類の絶滅の歴史にも繋がる新たな一ページでもあるのだ。新年度から忙しく、以前より事件から離れつつあるが、たまには今後も注目していきたい。
少なくとも無修正音声テープが流出するまでは。大変長くなりましたが以上です。






スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント